09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-10 (Fri)
話し方・MCレッスン  


中川晴美さんセミナー風景
        前期担当の中川晴美講師

先週の第一回目は、自己内省とブランディングが中心でした。

話し方はつまり、自己のプレゼンテーションです。

緊張せずに話せている♪・・・だけでは単なる自己満足、独りよがりの独演会かも

自己を上手にプレゼンするには、自分を知ることが先決です:

○まず自分が思う現在の自分自身を書き出す
○次に理想の自分を描いてみること
○そして他人からどういう印象を持たれているかを知ること

以上のことを整理すると、
○自分自身が持つ印象と他人からの印象にギャップがある人や
○ギャップのない人、
○他人が持つ印象が理想とする自分と一致している人
○理想の自分と正反対のイメージを持たれている人
など様々な結果が出てきます。

私(堀内)自身はとても緊張するタイプだったのに、『司会などを任せて安心のタイプ』『人前で話すことに慣れてそう』『落ち着いている』・・・という印象をもたれることが多いです。これは私自身がが理想とする自分なので戸惑いながらも嬉しく受け止め、この印象をプレッシャーでは無く、武器に?プレゼンに臨むように努めています。

反対にスピーチしている印象が『堅そう』『教育現場っぽい』というのは、時と場合によっては勿論必要ですが、理想とする自分と反対なのでもっと明るく、笑顔で柔らかい印象になるように!と心がけるようにしています。

普段、気心の知れた友人からは、『明るい、ユーモアがある、癒し系、ソフトなイメージ・・・』と
言われることが多いので、人前でスピーチしている自分もてっきり人からそう捉えられているものだと思い込んでいました う~ん、驚きでした。

単純なことのようですが、このように客観的に自分を見ることは、どのように自分を発信していけばよいかの戦略のヒントになります。

ケースバイケースの自己演出が出来れば最高でしょうね

第一回目の前半は以上のような自己内省を色々なワークを通じて行いました。

そして後半は、Only Oneの自分を確立するための「ブランディング」についてでした。
スポンサーサイト
| 過去のセミナー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。